ホボホボビジン

まずはホボホボビジンという言葉から考えてみましょう。
ホボホボビジンという言葉は、複雑に考えればいくらでも複雑になってしまいます。

 

ここではなるべくシンプルにわかりやすく、イメージしやすい定義を打ち出したいと思います。
日本でいわゆる外見的にホボホボビジン・いい女の要素で好まれるのは、「小顔」「美白肌」「パッチリ二重の大きな目」「通った鼻筋」「涙袋」「広めの額」「スレンダーな体」「大きめの胸」などがあります。

 

しかしこれら日本のホボホボビジンの定義が海外でそのまま通用する訳ではありません。
私はラテン圏(主にスペインと中南米)におけるホボホボビジンの定義にしか明るくないので視点が偏っているかも知れませんが、上記項目でラテン圏でいい女の条件に加えられるのは「大きめの胸」くらいだと思います。(これは世界共通か、、でも中南米で大事なのは胸より基本シリとくびれです。)

 

かといって、二重の大きな目の女性=ブサイク になる訳ではなく二重でホボホボビジンと言われている人も多く居ますし、逆に一重の切れ長で小さい目の女性を好む人も多くいます。
また欧米では健康的な小麦色の肌の方がセクシーととられる場合が多く、小麦色の肌=バカンスに行く金がある証とも言われており、好意的に取られることが多いようです。
スペイン人の夫曰くスペインでは小顔やおでこの広さはホボホボビジンの条件に微塵も加算されないそうです。